志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

リチウムバッテリー、3年使ってみた!

| 0件のコメント

電子レンジとエアコンが自由に使えるリチウムバッテリーがトレーラーでの長旅を快適にしてくれてますが、私のトレーラーに載せてる200ahのリチウムバッテリー(lifepo4)も3年弱の稼働をして来ましたので、放電テストをしてみました。
90%の放電でも電子レンジが動作し、能力の低下は見られませんでした。
鉛のバッテリーだと電子レンジは10分も使えるかどうかです。
流石にリチウムバッテリーですね!
(私のリチウムバッテリー)

私の使用状況は冷蔵庫がガスですので使用電力は少ないです。
エアコンを使用しない日は一日で50ah程度で年間200日程度の使用です。
エアコンを使用するとプラス100ah程度の使用です。
カタログ性能的にはDOD80%の使用で2000回以上ですので、10年以上は持ちそうですね?
2000回というのはまんざら嘘では無さそうですね。
バッテリーより先に私の方が逝ってしまったり??
結果的には鉛のバッテリーよりも経済的ですね!
リチウムバッテリーも色んな種類が有りますが、DIYで自分でキャンカーなどに載せるには最近流行のポータブルバッテリーなどで使用されている三元系リチウム等より、エネルギー密度が低くて(それでも鉛バッテリーの半分ぐらいの重量で済みますが)発火の危険性の低いリン酸鉄リチウム(lifepo4)が安全でお薦めですね。
最近ではlifepo4は本体も周辺機器(BMS、充電器)なども豊富にそろっており、国内でも購入できますが、中国から購入すればかなり安価で、間違いなく鉛よりも性能(特に高電流での放電特性、サイクル寿命)が良くて経済的です。
最近ではハードシェルでワンピース3.2v800ahの製品も出て来てます。これを4つ4Sで使用すれば重量84kgで巨大な電源が構築できますね。オール電化も夢では無いですね!!
また、新しい所ではチタン酸リチウム(LTO)と言うlifepo4より何倍も高寿命のバッテリーも出て来てます。
まだまだ購入できる商品は少ないですが、これだと一度設置したら車が駄目になるまで使えるのかな??バッテリーの技術進歩はすごいですね。
さて、バッテリーが高容量になり電力使用量が大きくなるほど充電が大変になって来ますが、その点リチウムバッテリーは高電流での充電が可能ですので充電環境さえ整えれば短時間で充電出来てしまうのでとても便利ですね。
カタログなどでは1Cでの充電がOKとなってますので、BMSとか周辺機器次第ですが100A程度の充電は問題ないと思います?
(私の走行充電、AC充電、ソーラー充電)
私の今の充電環境は625Wのソーラー(max40A弱の充電電流)、40AのAC充電器、20Aの走行充電で、通常はソーラーだけで充電できてしまいます。
雨が続いても1~2時間も発電機(EU9i)を回せばフル充電できてしまいます。さらに走行充電も併用すればもっと早いですね!
さらに、AC充電はAC電源の環境さえ良ければ100A程度、走行充電もオルターネーター次第ですが40~60A程度は構築できます。
私の充電環境もグレードアップしたいですね。
5+

コメントを残す


CAPTCHA


Translate »