志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

北海道キャンピングカー旅2022-48 厚岸町

| 0件のコメント

7月20日 道の駅 厚岸グルメパーク 厚岸味覚ターミナル コンキリエ

最低気温17℃、霧雨で涼しそうな感じです。快晴だと北海道でも、昼間は結構暑くて大変です。
パークゴルフ場の北側にも、トイレに水場に舗装された駐車場が有り、こちらも車中泊には良さそうですね。
水場もトイレも近いのでこちらのほうが良いかも?
此処で水の補給をさせてもらい出発です。
九州には無いスーパー「fukuhara」で、もうすぐ土曜の丑の日ですので鰻を仕込みました。
同じく北海道ブランドの「nicot」でウィンドウォッシャー液(北海道の田舎を走ると虫が多いので必需品です)を購入し、厚岸町の方へ向かいます。
厚岸町太田屯田開拓記念館を訪れて見ました。
屯田兵の古い資料がたくさん綺麗に保存されていて、小さな町の資料館ですが良かったですね。
この地には入ってませんが、大分県からの屯田兵もいたんですね。
屯田兵つながりで、屯田兵屋、太田屯田の赤松、ついでに忠魂碑に豊受神社も見てきました。
神社の近くに「杜の学校」、「山小屋らんぷのいえ」が、アブが大群で居てすごいところでした。
今日のお宿は「道の駅 厚岸グルメパーク 厚岸味覚ターミナル コンキリエ」、ちょっと名前が長すぎますね。
此処の道の駅は、道の駅の飲食部門で12年連続No.1で、とても人気の所です。
時期、曜日、時間などによってはかなり込み合う道の駅です。
私は北海道の旅では、ほとんど道の駅には泊まりませんが、此処は生牡蠣で一杯いけるので、つい立ち寄ってしまいます。
眺めも良いですし、人が多い以外は良いところですね。
「オイスターバール・ピトレスク」か「炙屋・炭焼あぶりや」どちらで食べるか毎回迷うのですが、今日もピトレスクです。
「生牡蠣3種食べ比べ」と「生牡蠣うにいくらのせ」を「あっけしの牡蠣にあう酒」で頂き、
仕上げに「牡蠣と海老のピッツァ」を北海道でしか飲めない「THE PERFECT CLASSIC」で頂きました。
毎回、同じものを食べてるような気もしますが?、北海道を旅してる感じが十分で、大満足ですね!
3時過ぎくらいからは寒くてジャンパーを羽織りました。夜は寒くて、ちょっとだけですがFFヒーターを入れました。
寒いぐらいの涼しい北海道で、牡蠣にアルコールも十分で、幸い車中泊の車も20台?ぐらいで、ぐっすり眠れそうです。おやすみなさい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA Image
Reload Image
Translate »