志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

北海道キャンピングカー旅2022-秋-21

| 0件のコメント

10月9日 中札内 グランピングリゾート フェーリエンドルフ

「道の駅 ピア21しほろ」でごみを処理して頂き、お土産も買う。
十勝牧場展望台、馬さんが一杯。

シラカンバ並木、結構長かったですね。

「らららマルシェ」でお買い物、結構いっぱい買い込んでましたね。

近くのスーパー?で帆立に蟹などの夜の食材を調達し、「食彩本舗 達磨」でラーメンとミニ豚丼のお昼を頂く。

十勝大橋、大きな川に大きな橋ですね。
真鍋庭園、久しぶりに訪れましたが、秋の雰囲気の中、落ち着いた素敵な庭園ですね。
幸福駅、爺さまと来ても、孫としてはしょうがない所ですが、定番の観光スポットですので訪れました。
六花の森、明日までの開園で、見られて良かったです。

今日のお宿は中札内の「グランピングリゾート フェーリエンドルフ」です。
フェーリエンドルフは北海道十勝・中札内村にある、森に囲まれたグランピングリゾートです。
フェーリエンドルフへ向かう道は、北海道十勝を象徴するような「どこまでも広がる畑に、どこまでも続く一本道」
その辿り着く先に、ドイツ風コテージが数多く建ち並ぶフェーリエンドルフがあります。
とかち帯広空港から車で15分(羽田空港からフライト時間と合わせて105分)にして、敷地面積は10万坪
(東京ドームのグラウンド25個分)ある当施設には、都会では味わえない「非日常」が待っております。
「フェーリエン」とはドイツ語で「休暇」、ドルフは「村」。
その名前のとおり、まさに皆様の「お休み」のためにある施設です。
上記はHPからの引用です。
駐車場と森の中のロッジが少しだけ距離があって、荷物を(食材など)を下すのが大変でした。
お風呂の写真はHPより拝借。
孫は歩いて15分ぐらいの隣接した新しい「十勝エアーポートスパそら」でお風呂を頂きました。
私は疲れてるのでロッジでシャワーです。
食事は帯広で買い込んだ帆立に蟹に、キャンカーからおろした冷凍食品などで適当に頂きました。

 

今日も一日疲れましたが、森の中のコテージでゆっくりと休めそうです。
明日は雨の様で困りましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA Image
Reload Image
Translate »