志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

北海道キャラバン2018 6 奥尻島 徳洋記念緑地公園 青苗漁港

| 0件のコメント

5月3日

夜中に強風で車体が揺れ目が覚めました。天気予報を見ると風速13m、志高湖の冬の強風の比ではありません、朝までゴーゴー、バリバリ、ユラユラで眠れず、5時過ぎぐらいに疲れて寝てしまったみたいです。8時位に目が覚めましたが、風は深夜よりは収まってましたが、雨も降って来てまだまだです。何も出来ず昼までじっとしていました。こういう時間もある意味貴重な良い時間かも知れませんね(何も出来ないのではなく何もしない)??賽の河原はやっぱり厳しい所だったのだ!
昼過ぎになって、だいぶ風も雨も収まってきたので、トレーラーを連結し出発しました。途中、神威脇にあるホテル緑館でお風呂を頂きました。海が一望できる露天風呂も有りましたよ。
今夜は奥尻島の南の端にある、青苗の津波館に隣接する徳洋記念緑地公園にお世話になります。

ホテル緑館のお風呂からの眺め。


今夜のお宿、とても広くて綺麗な芝生の徳洋記念緑地公園、綺麗に掃除も行き届いたトイレもあり、青苗の小さな町もすぐ傍です。横の塔は2回の大津波にも耐えてきた徳洋記念碑です。
1993年の北海道南西沖地震、津波、その後の火災で消失してしまった青苗でこうしてキャンプをさせて頂いてるのは不思議な感じです。復興の努力に敬意を表しながら、この地でのキャンプを楽しみたいと思います!!

今日の夕陽です!風が冷たい、寒い寒い!

カモメだらけですよ。鳴き声もすごいです。たまには良いかもめ??

青苗の丘の上にある北海寿司さんで、初めて北海道の春の象徴、行者ニンニクを頂きました。分葱かな??このお寿司屋さんは味はもちろんですが、おやじさんがとても良い人で、フェリー代を使って奥尻島に来た甲斐が有りました!!

5月4日

今朝の最低気温7℃、風もあり外は寒いので、今日は一日TVを観たり、本を読んだり、港に散歩に行ったりして、ゆっくりと島時間で過ごしました。島まで来ると、人も車もお店も何もかもが少なく本当に静かです。その分、自然が多いのでしょうね。
賽の河原もそうでしたが、青苗漁港でも釣りをしながらキャンプの人が数組います。釣りが好きな人には最高のキャンプ地ですね。

港の岸壁からで、こんな立派なお魚さんが釣れるんですね。さすが北海道、奥尻島ですね!ホッケ、ソイ、アイナメ、カジカ、カレイ等が釣れるみたいです?


今日の夕陽です。
高いフェリー代を使って小さな島にやって来て、夕陽を撮影するぐらいで、大したことは何もしないで過ごす。最高の贅沢ですね!!

5月5日

今朝の最低気温6.5℃、日中も8℃位で風が吹くとかなり寒いです。しょうがないのでズボン下を出してきました。今日の服装、下着+ズボン下+冬用の山ズボン+厚手の長そでシャツ+ダウンのチョッキ+フリースのアウター。九州では冬ですね!
今日も島時間でのんびりと過ごしています。セイコーマートで買い出し、稲穂の歴史民俗資料展示室を訪れ、神威脇温泉でお風呂につかり、奥尻空港をチェックし、奥尻ワイナリーで此処に来ないと購入できないkernerを購入したり、そして今日のお宿は青苗漁港です。とても広い漁港です。

北海道には大きな都市に行けば立派な博物館もありますが、各市町村に手作りの展示館等が有り結構面白いですね。

漁港の横にある温泉、別府温泉並みに熱かったです。
奥尻島の葡萄だけで作られているそうで、離島のワイン、興味深いですね!

今夜は青苗漁港の海の直ぐ傍で一杯やりながら……….😴😴
5+

コメントを残す


CAPTCHA


Translate »