志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

北海道キャラバン2018 28 生田原のオホーツク文学碑公園の駐車場

| 0件のコメント

6月3日

今日は朝も寒くなく、昼間は30℃有り暑くてたまりませんでした。体が寒いのに慣れてるのとお店に入ってもクーラーが無くて、兎に角暑かったです。
朝のんびりと鳥の声を聴きながらコーヒータイムを楽しみ、水タンクを入れ替えて11時にやっと紋別を離れ遠軽の方に向け出発しました。
遠軽で泊るのでしたら、太陽の丘えんがる公園(かなり広い公園で芝桜、コスモスなどで有名みたいです)か,瞰望岩(がんぼう)の真下の公園(駅の近くです)ですね。だいぶ探しました。

太陽の丘えんがる公園、もう少し早い時期に来れば芝桜が綺麗だったでしょうね。

瞰望岩
買い出しをし、お風呂に入りに10km以上離れた生田原のホテル ノースキングに行きました。お風呂に入ると暑さばても有り、動きたく無かったので生田原で泊る事にしました。JRの石北本線 生田原駅とホテルが有るくらいで何も無い所です。北海道のど田舎です(生田原の人、怒らないで)。でも、JRが停まるだけでもすごいですよ。そんなに田舎では無いかも?

図書館、オホーツク文学館とJRの駅が一緒になってます。立派な駅ですね。

今日のお宿は紋別郡遠軽町生田原のオホーツク文学碑公園の駐車場です。あちこちに文学碑が有り、ちいちゃな公園ですが横を川が流れていて、知らない、ちいちゃな可愛い街を眺めながら、まったりと飲んでます!

今日の肴は遠軽のスーパーで仕込んだローストビーフと網走産の雲丹(羅臼で食べ飽きましたが、また食べたくなりました。不思議ですね?)

今日の夕陽、文学碑に落ちる夕陽です!
夕方6時です。いくらか涼しくなりましたが、まだ24℃です。今日の北海道はおかしいです。暑すぎます。
夜8時、暑かった日中が嘘のように涼しくなって来ました。カエルの鳴き声と、川の流れの音、田舎町の頼りない灯り、何故か子供の頃を思い出します。
今日は北海道のど田舎編でした!
6+

コメントを残す


CAPTCHA


Translate »