志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

北海道キャラバン2018 56 焼尻島 白浜キャンプ場

| 0件のコメント

7月16日

今日は天気が回復してきましたが、昨夜の寿司屋さんで日本酒を飲み過ぎたみたいで二日酔いです。
色々考えた挙句に焼尻島に行ってみようと思い、羽幌町まで下り食料の買い込みをして、フェリーに乗って焼尻島の白浜キャンプ場までやって来ました。
羽幌沿海フェリーの”おろろん2”、489トンで8トン車2台及び乗用車8台しか積めない小さなフェリーです。結構揺れましたね。

フェリーから見た島の遠景。

焼尻島のフェリー埠頭、人口297人の小さな島の可愛いフェリー乗り場です。

今日のお宿は白浜キャンプ場、自然が満載の小さなキャンプ場です。波の音が聞こえる海のすぐ傍の丘の上の草地に泊まってます。簡易ですが水洗トイレに立派な炊事場が有り水だけですがシャワーも有ります。
途中から道が狭いので大型のトレーラーは厳しいかも??下の駐車場でUターン出来ずかなりバックしました(疲れた)!

夕方6時、寒かったですが水シャワーを浴びてすっきりし、気温18℃で気持ちが良いです。夕陽はまだかなり高いですが、波の音に鳥の鳴き声、奥には天売島の姿を見ながら一杯行きます(fu fu fu)!




今日の夕陽です!

天売島の夜景に漁火?とお月さま

7月17日

最低気温13℃、朝ちょっと寒い軽くヒーターを入れる。外に出る、半袖だと風が有って寒い、一枚羽織ればちょうど良いかな?暑いよりこれくらいの方がすごしやすいかも?
全くの自然しかないキャンプ場でゆっくりと朝食をとり、車で15分も有れば一周出来る小さな島の観光に出かけました。
焼尻郷土館(旧小納家)、島内には多分此処しか観光施設は無いのでは?1744年には鰊場が、明治には海底ケーブルが既に綱っがていたのは驚きです。
イチイの原生林ですが遊歩道が整備されており、森に入ると涼しくて気持ち良かったです。
島の特産品?サフォーク種の羊さん達。
お昼は数少ない(多分2件)しかない食堂の”島っ子食堂”で塩ラーメンを頂きました。食堂のおねーさん??によると島の人口は150人ぐらいでは?過疎化が進んでるんですね。
昨日は水シャワーを浴びましたが、今日は風も有り寒いので、民宿磯乃屋さんでお風呂を頂きました。気持良かったです。
その後は西日を浴びた暖かいトレーラで飲み始めました。まだ3時半です…..!
今日の肴は稚内で仕込んでたズワイガニの生の冷凍を岩塩ペッパーにオリーブオイルでソテー、羽幌で仕込んだセブンイレブンのおつまみ焼きそば、ちなみに羽幌が一番北のセブンらしいです?

 

夕方に西日が落ちていく焼尻島は最高です。いくつかの離島は行きましたが。焼尻島は間違いなく離島です….離島感が最高です。海、眺め、草原、風、鳥の鳴き声、夕陽、小っちゃい島、細い道、何も無い……、優しい島の人達、今日も一人のキャンプ場、海を眺めながら音楽にお酒が進みます…(yoi  yoi)

7月18日

気持良く晴れた焼尻島、午前中は片付けをした後はのんびりとコーヒータイム、気温は18℃、海岸の丘の上なので風が有り寒いくらいでとても気持ちが良いですね。九州の秋のお彼岸の様な気候で最高です。小さな島ですので見る所もする事もなく、ただ、日本海に浮かぶウニ漁?の船やカモメさんを眺めながらぼーとしています。
白詰草がまだ咲いてます。九州では5月の初めに咲いていた様な?、途中で紫陽花も満開でしたよ。2ヶ月以上季節が違いますね!
明日は天売島に渡ってみようと思いフェリーターミナルまで行ってみる。無事に3:10の便に乗れそうです。小さなフェリーですのでタイミングが悪いと11メータのRVは乗れないことも。すぐ横の島っ子食堂にご挨拶、ちょうど雲丹が一人分有ったので夜の肴に購入…..!
暇なので島一周の計測にドライブ、ちょうど13分でした(笑)!
いよいよする事が無いのでちょっと早いが飲み始める。2時です、早すぎですね。

今日の肴は島っ子食堂で仕入れた雲丹ですよ!こんなに早くから飲んでいたら夕方には出来上がりますね…..??


自然は毎日違う夕暮れ時を見せてくれます。この瞬間、この場所でしか見れない思い出です。有難う!
かなりお酒が回って来てる爺さんは懐かしいBee Geesを聴きながら出来上がってしまってます。お休みなさい!
9+

コメントを残す


CAPTCHA


Translate »