志高湖キャンピングクラブ

Shidakako Camping Club

北海道キャンピングカー旅 2021-1 旅立ち

| 0件のコメント

7月14~16日 旅立ち

ワクチン接種も終わり、その後も順調ですので、3年ぶりに北海道に旅立ちました。
今回は新日本海フェリーで舞鶴から小樽に渡ります。新日本海フェリーは九州からは一番楽な経路だと思います。
欠点は携帯が出発後と到着前、数時間以外は通じません。後、到着が夜になるので、初めての人は到着後がちょっと大変かも。
別府から舞鶴までノンストップで行けますが、年寄りにはちょっとハードですので、途中一泊して舞鶴まで行きました。725kmのロングドライブでした。つかれた~~!!


10時過ぎに自宅を旅立ち、中国自動車道を走り七塚原SAで車中泊です。この時期はとにかく暑いので、少しでも高度の有る中国自動車道を選びました。ただ、ほとんど全面工事の様相で、あっちこっちで工事だらけでした。これで路面が綺麗に成れば走りやすくなるので嬉しいです。今まで、中国自動車道は舗装がひどくて、カムロードでは段差がきつかったです。

途中から高速を降り下道で行きましたが、結構きつかったです。ただ、途中の道の駅で但馬牛のヒレステーキを購入できました。

舞鶴港、自衛艦にお月さま、夕方には”君が代”が聞こえて来ました……久々に聞きましたが、良かったです!

コロナで空いているのかと思ってましたが、夏休み、連休前と言うことも有り、まあまあの込み具合でした。特にバイクが多かったですね。キャンピングカーも結構いましたね。
今回はデラックスA、二人部屋の一人使用です。波も無く穏やで、ゆっくりとお風呂に入りながらの航海でした。 。
新日本海フェリーからの小樽の夕陽

小樽に着いたのは暗くなってからですので、あまり動き回りたく無いので、すぐ傍の小樽温泉オスパの駐車場で泊ります。明日の朝は一番風呂を頂く予定です。写真はHPから拝借しました。

隣の赤いキャンパーバンは同じフェリーで来た若いカップルです。”マンホールをアパレルブランドに”??でニュービジネスを目指してる、ジャパンアンダーグラウンドの活気あふれる若者で、マンホール柄のアパレルを作ると言う、面白い話を聞くことが出来ましたよ。
若いパワーが素晴らしいと言うか、羨ましいですね。
5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »